≪しおだ野 だ・よ・り≫ No.2
信州上田発 風すむ(棲む・澄む・好む)庭からの【気まぐれだより】です

軽井沢のお庭訪問 その1

我が家の庭 薔薇シーズンはほぼ終わったのですが 2番花が咲き始めています

マダムジョセフシュバルツ Mme.Joseph Schwaltz (T)  大のお気に入り 
ウチの庭 のイメージローズと称してかなりの数(恥ずかしくて言えないくらい)が植わっています
160627 マダムジョセフシュヴァルツ
160627 マダムジョセフシュヴァルツ-2
まだ植えて2年目  すべてが大株になったとき どんな景色になるのでしょうか


ミスキャロライン Miss Caroline (T)  細い花びらが可憐  まさにミスですねぇ
160627 ミスキャロライン


ロサグラウカ  Rosa glauca (Sp)  大だいダイのお気に入り ルイリールの片親とか
この薔薇もなかなか元気に育たないのですがそれでも懲りずに随分植えています  
これは今年植えたばかりの株なので 迷った末にヒップは切りました(下)  どうせ切るならもっと早くに切るべきでした
160627 ロサグラウカ
160627 ロサグラウカ-2
たまたまネットで検索したら ヨシノスズバラ(吉野鈴茨)という名前も出てきました
学名:Rosa rubrifolia(ロサ ルブリフォーリア)
別名:Red-leaves Rose、Rosa glauca
いろいろな名前のある薔薇ですね



先日(23日) 軽井沢のお庭訪問へ
午後お訪ねすることになっていましたので 少し早目に出てフラワーフィールドへ

160623 フラワーフィールド
中にカフェができていて お隣(小諸寄り)の敷地にまで樹木や苗が置いてあり パワーアップしてました
苗を少しと雑貨を買って・・・




フラワーフィールドからほど近い借宿のF邸 Psyche's Rose Garden へ

周りを大きな木に囲まれた100坪のガーデン
160623 F邸-2

160623 F邸


160623 F邸 オベリスク-2
木製の大小オベリスクが好いですね オリーブがかったベージュの色もお洒落です

中央アーチ右の薔薇は F邸 Psyche's Rose Garden のPsyche(プシュケ)です
160623 Psyche
別名Paul's Pink Rambler (Hybrid Multiflora)
薔薇の家キムタク店長作出のPsyche(プシュケ)とは同名ですが別物です
我が家にもあるのですが 他所では初めて見ました  
ウチのより淡くきれいに咲いていて 大事に育てよう!と・・・(笑

左はドクターヒューイ Dr. Huey (R)  右はケイコズドリーム Keiko's Dream
160623 F邸 薔薇
ケイコズドリーム 4年くらい前に花菜ガーデン(平塚)で初めて見て 私と同じ名前の薔薇で忘れられずにいた薔薇でした
2度目の出会い!  やはりなんとかウチの庭でも咲かせたい・・・・・
(どなたか苗を見つけたら よろしくお願いしま~~~~す!)


午前中まで小雨が降ったりしていて ベストコンディションでは無かったのでしょうが 緑深く落ち着いたお庭
4年前に作り始めたそうで まだこれからも進化するようです
整形式ガーデンが適度に取り入れられていて 趣きのあるお庭でした

  1. 2016/06/27(月) 12:59:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

八ヶ岳のお庭訪問

いよいよ我が家の薔薇シーズン最後の薔薇グラウスが咲き始めています


グラウス Grouse(R)  道路沿いの石壁に垂れ下がって咲いています 
160621 グラウス Grouse(R)
元は一株でしたが 伸びた先で根をおろし どんどん広がっています
咲き始めのピンクが可愛いですね

庭では梅雨の花 ドクダミが・・・・・  臭いはいただけませんが清楚な花は大好きです
虫よけにもなってくれているのでしょうか
160622 ドクダミ
160622 八重ドクダミ
可愛い八重が少しずつ増えています   一重ほどの繁殖力はないようで・・・


ナエマ   一番花の最後の花  
160622 ナエマ


ザファウン  花期が長く花持ちも良くまだ咲き続けています
160622 ザファウン



先日(20日) 八ヶ岳方面へお出かけしました
佐久平駅で アンジェラさん katatakaさん りきさんと待ち合わせて 八ヶ岳方面へ

最初はハーブスタンド
160620 ハーブスタンド
160620 ハーブスタンドー2

ハウスの中の長尺苗 ホワイトドロシーパーキンス  こんなふわふわに咲いてくれたら嬉しいですね
160620 ホワイトドロシー
私はアニービベール Annie Vibert(N)を連れ帰りました 一株だけでした!



ランチの後 O邸へ 
まだ比較的新しいお庭ですが もう薔薇も宿根草も見事に育っています  
160620 O邸

低い仕立てのフランソワジュランビルとキャットミントの色合わせも素敵でした
160620 O邸ー2




N邸へ  ここもまだ2~3年目のお庭   どの薔薇も元気なシュートが何本も出ていて・・・・・
ファイルヘンブラウ  後ろのフェンスいっぱいに咲くのもあっという間のようです
160620 N邸

セルジアーナ  透明感のある花びらの美しさに見とれました  
160620 N邸-2
(枯らしたけどやっぱりまた育てたい・・・)



3軒目は midorinosizukuさんのお庭です
リビングからの眺め
160620 I邸

160620 I邸-2

トゥールドゥマラコフ、 ヘンリーハドソンそしてスノーペイブメント
160620 薔薇ー1

レダ  赤い蕾の可愛さに感激でした
160620 レダ

ピンクアナベルも元気いっぱい
160620 ピンクアナベル

見せていただいた3軒とも 有機無農薬で薔薇も育てているお庭です
自然の力を最大限利用しての庭づくり
植物たちが虫害(害虫では無くて)にめげず元気に育っているのを見せていただきました
どのお庭も 薔薇や草花を見るのに夢中 お話を聞くのにも夢中で・・・というわけでもないのですが 画像が少ないし好い場面が撮れてなくて 腕の無さに落胆です
でも素晴らしい一日を過ごさせていただけたことに感謝です
皆様有難うございました!


しおだ野の薔薇シーズンが終わると 毎年待ちかねたようにあちらこちらの薔薇シーズンのお庭へ飛び出します
明日は軽井沢  2軒のお庭訪問へ!


  1. 2016/06/22(水) 23:28:47|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ショパンさんのお庭

一昨日 ブログ友で花友でもあるショパンさんのお庭を見せていただきました
東京からの友人も一緒です
ショパンさんとはもう随分前からの友人ですが 数年前にたまたま同じ県に移って来られています
お庭訪問は初めてでした

しっとりと潤いのある 落ち着いたお庭
160617 小道

アーチやベンチのブルーが効いています
160617 アーチ

160617 ベンチ

160617 ベンチ-2
ベンチの上のつる薔薇たちが咲いた頃 またここに座っていたい・・・・・

元気に咲いているアルケミラモリス  高温のしおだ野では夏越しが難しいのです(涙
160617 アリケミラモリス

ジギタリスも種から育てているそうです  (帰りに来年用の苗戴いちゃいました)
160617 ジギタリス

ファエウム
160617 ファエウム

アメリカコマクサと・・・・ 名前忘れました
160617 アメリカコマクサ他

ロサキネンシスアルバ  我が家から10年近く前にブログ友経由でお嫁に行った薔薇だそうです 丁度咲いていました
160617 ロサキネンシスアルバ

ランチも用意して下さって・・・  ご馳走様でした
160617 ランチ

テーブル花
160617 テーブル花

庭を見るのとおしゃべりとで 写真が少なかった・・・・・


ここに越してこられた6年前は 大きな樹が沢山あったそうです
高い樹を切り倒してからの庭造りだったそうですが 眺めも良く 日当たりも適度に良く 自生の植物も大事にしながら薔薇や草花たちを取り込んだ素敵なお庭でした

子供の頃から種まきをしていたというショパンさん その後もずっと花とかかわる仕事を続けてこられたとか・・・
植物のことを知り尽くした彼女ならではの自然で居心地の良いお庭
これからササユリや薔薇が咲き 7月になると姫蛍も舞うそうです
また是非 ゆっくりお訪ねしたいと思いました


ショパン邸から戻った 夕方の『しおだ野』  菅平方面を望んで・・・
160617 しおだ野-3
田んぼの稲も少し大きくなりました  まだ水面が見えていますがもうじき緑一色の田んぼになります

しおだ野から我が家方面を見たところ   正面の山ふところに我が家はあります
160617 しおだ野



  1. 2016/06/19(日) 22:26:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

薔薇 おまけのシーズン

今日は久しぶりの雨らしい雨が降りました
夕方には道も乾いてきましたが 今日のお湿りで庭もホッと一息です

薔薇シーズン終盤が 思いのほか長く続いています


今日の庭から
メインガーデン石壁西側では 白のランブラー ガーデニア Gardenia とアルベリックバルビエ Alberic Barbier が・・・
この二つ 枝が入り混じっているし 葉も花もそっくりで区別がつきません
どなたか違いを教えてください!
160613 バルビエ他


石壁東側ではメイクイーン May Queen (R) がひと月近くも  
花殻が茶色くきたないのですが エトワールバイオレット(クレマチス)や白のハニーサックルたちとまだまだ咲き続けています
160613 メイクイーン他


遅咲きのニュード-ン New Dawn (LCL)は今が綺麗    優しげなシルバーピンクがお気に入りです
160613 ニュードーン


鉄平石井戸の中に植えたローブリッター Raubritter (S)    
コロコロと可愛く咲いて 花持ちも抜群
ただ井戸の中に植えたのが間違いでした ステムが長くて 支えのアイアンの形からはるかにはみ出して咲いている
井戸の下の地面に植えるべきでした  花が終わったら地面に下ろしましょう
160613 ローブリッター


ジャスミーナ Jasmina (Cl) もともと可愛い花なのですが今年は花色がかなり濃い
オベリスクの上の方では新雪 Shinsetsu (Cl)が大きな花を咲かせて・・・
この新雪も反省点 大きな花なので 高くしないでせめてオベリスクの3分の2くらいの位置までで咲かせるようにしないと
160613 ジャスミーナ


アリスティッドブリアン Aristide Briand (R)  本来は薄ピンクの薔薇 これも今年はこんな濃い色で咲いています
160613 アリスティッドブリアン


レンガ花壇の中は こんな感じ   
薔薇が少なくなって クレマチスのマダムジュリアコレボンやロマンチカと宿根草たち
160613 レンガ花壇


涼しげなクレマチスのプリンスチャールズ
160613 プリンスチャールズ


メインガーデン レンガテラスの奥
ザファウン The Fawn (ピンクの薔薇)や黄色のガーデンルーとオルラヤ
シックな色合いの葉はルイリール Louis Riel (HGlauc)   ロサグラウカ とスピノシッシマアルタイカの子供だそうです
グラウカの葉色ほどの赤味はないのですが 素敵な色合いでどこに植えても人目を惹きますね
160613 ザファウンとルーなど


宿根スイートピー
一年草のスイートピーはもう種になりだしていますが 宿根のスイートピーがこれから夏中楽しませてくれます
160613 宿根スイートピー


小屋屋根の薔薇 アルべリックバルビエ Alberic Barbier(どうも枝変わりのようです)
レオンティーヌジュルベでは?とも言われていたのですが 花びらの数がずっと多い
それに過去にまったく普通のバルビエで咲いたことも何回かある不思議な薔薇
160613 小屋
枝を残しすぎて 重たそう・・・  
来年は枝数をもっともっと減らして 屋根が透けて見えるくらいで咲かせたい!

160613 小屋ー2



薔薇がもう少し終わったら 来年に向けてのお手入れを始めましょう
この記事中の 井戸の中のローブリッターの移植や 小屋屋根のバルビエ(枝変わりの)の枝透かし そしてキモッコウは今年は強剪定しようと思います
一期咲きのオールドローズも花後にかなり切りつめておけば 冬の剪定は少なくて(しなくて?)済むし 来春自然に近い樹形で咲いてくれる
鉢植えの薔薇を地面に下ろすのも この梅雨の時期にしておくと夏越しが楽ですし ここ寒冷地のしおだ野では特に寒さに弱いティーローズなどは冬までにしっかり根を張ってくれるよう 夏前に地面に植え込みます

薔薇シーズンが終わってちょっと一息つく間もなく またまた沢山の庭作業が待っています
今年の反省を踏まえて 来年の薔薇シーズンを妄想しながら 忙しくも楽しい庭作業が続きます


そうそう修理に出したiカメラ一眼デジ   一昨日やっと見積もりの連絡が来て 約4万5千円とのこと
しかも修理不能の場合もあると・・・
いろいろ考え 知り合いのカメラマンにも相談して 修理はキャンセルし新しいのを買うことに(涙
修理中のカメラ 2月の沖縄旅行最後の日にシャッターが下りなくなり 修理費もかさみそうで購入したばかりのもの
5年保証もわざわざつけてもらったのに・・・
昨日 わずか3か月後で結局また同じのを購入  また懲りずに5年保証を付けてもらった(汗
貴重品(カメラ)管理のだらしなさに いつもいい加減すぎる!とオットから言われ続けている私も さすがにひどく反省しました


  1. 2016/06/13(月) 21:51:04|
  2. 薔薇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

バラシーズン終盤

昨日でオープンガーデン(1日~3日)が終わりました
この3日間で50余名の方が来てくださいました
5月中に来た方を合わせると80名弱
薔薇や草花たちが咲き乱れる(文字通り乱れて・・・)庭をゆっくり見ていただくことができました
薔薇談義もできましたし 私にとっては楽しい時間でした
この庭で 時間を過ごして下さった皆様 本当にありがとうございました

薔薇ピークも何とか持ちこたえてくれていたのが ラッキーでした
今日はもう ポールズヒマラヤンムスクも茶色くなり始めています

先月29日 ガーデン誌の取材が終わって カメラをi入れたカゴを庭に置いたままお疲れ直しの温泉に出かけ 夜遅くなって戻りそのまま寝てしまいました
3時ころ雨の音で目が覚め 慌ててカメラを取りに行きましたが もう濡れてしまっていてファインダー内に結露が・・・・  
自然乾燥させてもカビが生えることがあるというので その日のうちにカメラを清掃修理に出しました
ひと月はかかるとのこと
その日からカメラ無しで生活しています
30日修理に出す前に 庭中の写真を撮りました
その時の画像ですが 薔薇シーズン最盛期の庭を見てくださいませ


表庭東側   道路からの眺め
160604 前庭東 道路から

右のピンクの薔薇   ピンクギスレーヌドゥフェリゴンド
160604 ピンクギスレーヌドゥフェリゴンド

160604 表庭東 道路からー2

160604 表庭東

2階バルコニーのポールズヒマラヤンムスク  ちょうど満開
160604 ヒマラヤンムスク

160604 井戸のコーナー


メインガーデン  ロフト(3階)からの眺め
160604 メインガーデン ロフトから
プンゲンストウヒが大きくなりすぎて 小屋がほとんど見えなくなってしまいました
近いうちに少しスリムに剪定したいのですが・・・

石壁のメイクイーンなど
16004 メイクイーン他

メイクイーンと白花のハニーサックル
160604 メイクイーン

スノードン  今年はよく咲いてくれました
160604 スノードン

ブログ友からもらった深紅の薔薇ビセンテナーレデギヨーがアクセントになってくれています
東160604 メインガーデン 



160604 小屋

160604 小屋入口

160604 小屋入口ー2


レンガテラスの奥
160604 レンガテラス奥

アーチのスイートピーはマツカナ
160604 アーチのマツカナ

ハリーのコーナーから眺めるしおだ野  田植えが終わったところ
160604 ハリーのコーナーから望むしおだ野

デュッセスドダングレーム    この咲き方そして色合い  オールドローズ中のオールドローズ
160604 ダングレーム


目で見ていると 「わぁ~~~薔薇だらけ(汗」と思うのですが こうして画像で見ると ほとんど花が無いように見えますね
それでも 今年のこの薔薇分量が限度と感じています
今日から草花に埋もれた薔薇を救い出したり 伸びすぎた下草の切り戻しを始めました
でも何だか気が乗り切れずに だらだらとのんびりやっています
やはり春からこの薔薇シーズンまでの疲れが出てきているみたい
まあ これからはのんびりゆっくりと楽しみながらの作業にしようと思っています


一眼デジは修理中なので コンデジを探すも見つからず
今日はケイタイ(ガラケーです)で撮ったのですが ケーブルでパソコンに取り込めない
microSDカードもケースが見つからずPCに入れられない
まったく処置なしです

  1. 2016/06/05(日) 00:40:56|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:6

FC2Ad

まとめ