≪しおだ野 だ・よ・り≫ No.2
信州上田発 風すむ(棲む・澄む・好む)庭からの【気まぐれだより】です

晩秋の薔薇



紅葉も終盤に入り 今は庭の木々の葉が 半分くらい落ちて 庭が明るくなっています
先月の終わり頃になって ようやく来春用の種蒔きや球根の植え込みが終わり ホッと!
パンジーやビオラも植え込みました これからの冬の庭に少し華を添えてくれます
151102 球根
151107 パンジー

これからは 庭の冬支度に取り掛かれます
まずは 大きく育ち過ぎたつる薔薇の剪定誘引
本来なら来春の早い時期にするのが好いのですが 出来るときに取りかかっておかないと 全ての作業が終わらないので・・・
冬の作業がきっちりできると 来春からの作業が ゆっくり楽しみながらできるのです
毎年来春こそは!と思いながらいつも やり切れずにいます
1年半後に控えた『70歳で 庭のほぼ完成』に向けて 頑張ろうと思っています


小屋の窓下 自生ノイバラのヒップが可愛い
151108 ノイバラ ヒップ
ノイバラが大好きで いろいろな所から自然に生えてくるノイバラをアーチの足元や庭のあちこちに植え込んでいます
ノイバラだけ咲く姿も好いけれど 他の薔薇と絡んで咲く姿も好きです


秋の薔薇たち

マダムロンバール  Mm e Lombard (T)  いつもの秋はもっとメタリックな赤が入るのに 今年はピンク系で咲いている
151109 マダムロンバール

マダムバークレー Mme. berkeley (T)  こんなベージュピンクが好きで・・・
151109 マダムバークレー

スヴニールデリゼバルドン Souv. d'Elise Valdon (T)
151107 バルドン

ミセスハーバートスティーブンス Mrs. Herbert Stevens (T Cl)
151108 ミセスハーバートスティーブンス

エンジェルズキャンプティー Angel's Camp Tea (T)
151109 エンジェルズキャンプティー

フロムジローNo.1 From Jiro No.1 (T)  花色が冷たい白ではなくてほんのりピンクが入るのが好い 
151109 ジロー
151109 ジロー-2
151109 ジロー-3
来春を待って鉄平石井戸の中に植え込もうと思っている薔薇です

ミスアトウッド Miss. Atwood (T)
151109 ミスアトウッド
151109 ミスアトウッドー2


これはララバイ Lullaby (Min) 花は小さいのですが樹高は1mくらい  小道の脇に植え込むのには最適
151109 ララバイ
151109 ララバイ-2


スノードン Snowdon (ER)  秋にもパラパラと咲いてくれる  デービットオースチンごく初期の作出
151108 スノードン-1

ウィンチェスターキャセドラル Winchester Cathedoral (ER)
151109 ウィンチェスターチェスターキャセドラル
繰り返し良く咲くバラ メアリーローズの枝変わり   もう15年以上経っている株です
メインガーデンのアーチ足元に植えていたルドュテが虫には入られて夏に枯れてしまったので ここにもう一株ウィンチェスターキャセドラルを植えたいと思っていましたら 先日行った松本のナーセリーでたまたま見つけ 植え込みました
このアーチにはジオルブライトンランブラー(ER)を植えてあるので 一緒に咲かせようと・・・
この組み合わせ 色合いとしたら好いと思うけれど 咲き方としてはベストかどうか一寸不安

ルドュテ Redoute (ER)
151109 ルドュテ

テスオブザダーバービルズ Tess of the d'Urbervilles (ER)   こんな華やかな薔薇もいます
151109 テスオブザダーバービルス



我が家の秋景色として欠かせない紅メギ・ローズグロー
151109 メギ


秋とは思えない景色ですが・・・
ローズマリー  
151107 ローズマリー
春も咲いていたけれど今の方が綺麗に咲いている
ここ『しおだ野』では冬越しが無理と言われているのですが 石組の間にいるからかもう20年近く育っています



この2~3日 雨がよく降っています 今週末も雨の予報
庭には嬉しいお湿りです
毎週とは行かなくても半月に一度でも雨がちゃんと降ってくれると ありがたい!
ここ『しおだ野』は 全国でも有数の少雨地帯
年間降水量は全国平均の半分 年間で900mm
以下に乾燥地であるか 分かって頂けるかと・・・

  1. 2015/11/10(火) 09:26:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

FC2Ad

まとめ