FC2ブログ

≪しおだ野 だ・よ・り≫ No.2
信州上田発 風すむ(棲む・澄む・好む)庭からの【気まぐれだより】です

晩秋(初冬?)の庭から

今年の紅葉 異常な夏の暑さで綺麗な紅葉は望めないと思っていましたが 意外にも綺麗な紅葉となりました
先週がここ『しおだ野』では紅葉のピークだったようです

紅葉ピークの頃 道路からの眺め (11月8日)  曇り空で紅葉の鮮やかさに欠けてますね
181107 表庭 道路から

裏庭  (11月8日)
181108 裏庭(薔薇段々畑)


昨日の裏庭(11月13日)  赤や黄色が薄くなっています
181113 裏庭
上の画像で左中央で紅葉しているのは ロサマレッティ Rosa marretii (Sp) 7年ほど前にkatatakaさんから分けていただいたのがランナーで増えて一畳分くらいに広がっています  お花も可憐ですが紅葉がとても綺麗な薔薇です
181111 ロサマレッティ 
181111 ロサマレッティ-2 
柔らかそうなヒップは もう熟し切って・・・

ヒップいろいろ
カザンリク Kazanlik (D)
181111 カザンリク

ロサダビディ Rosa Davidii (Sp)
181113 ロサダビディ ヒップ

アンエント Ann Endt (Hrg)
181111 アンエント ヒップ
181111 アンエント(6月4日)
アンエントの花(6月4日)  リベンジの株で今春やっとお花が見られました
ベイシーズパープルローズと親は同じで父母が逆  やっぱり似ていますよね
折角ベーシーズと隣どうしに植えたのにベーシーズは枯れてしまいました
また植えようかと思案中



秋薔薇は 相変わらずポツリポツリと咲いています
立冬が過ぎても気温は高めのせいか 薔薇が春のような咲き方をしています
ゆっくり咲いて花持ちも良くて 楽しませてもらっています
スパイス Spice (T) ヒュームズブラッシュティーセンテッドチャイナと同一種という話もあるそうです
色も形も好いですねぇ
181108 スパイスー1

マダムエミリーシャーロン Mme. Emilie Charron (T)  こんな不規則な咲き方も好き!
181108 マダムエミリーシャーロン

サフラノ Safrano (T)  和名西王母  初めて育てだしたティーローズは確かサフラノだったような・・・   一体何代目?
181109 サフラノ
181109 サフラノ蕾
この蕾も何とか咲いてくれそうです

コンテスドュカイラ(セーラ)  Comtesse du Cayla (Ch) 
181111 Comtesse du Cayla(Ch)

フロムジローNo.1  From Jiro No.1 (FT)
4年前くらいにtokiさんから頂いた大のお気に入りの薔薇  井戸風石積みの中で咲いています
ほんのりピンクが入る可憐な薔薇♪ 緩いカップ咲き、少なめの八重、薄い花びら、葉っぱも薄く大きさも手ごろ、細めの茎・・・
どこもみんなお気に入り
181111 fromジロー No1

マダムバークレイ Mme. Berkele (T)
181111 Mme Berkeley(T)

アリスターステラグレイ Alister Stella Gray (N)
181111 アリスターステラグレイ

オールドブラッシュ(Cl) Old Blush (Cl,Ch)
181111 オールドブラッシュ(Cl)


木の実もいろいろ・・・
ロシアンオリーブ(アキグミ)
181107 ロシアンオリーブ(アキグミ)

ガマズミ
181107 ガマズミ

チョコベリー
181107 チョコベリー

シロヤマブキ
181114 シロヤマブキ


昨秋の裏庭(11月2日)です  
181114 昨秋の裏庭(171102)
今年の夏に今後の手入れを楽にするためプンゲンストウヒやモミや5本のコニファー、カツラ、銅葉スモモなどを切ってもらいました
切った当初はさっぱり気分でいたのですが 紅葉も終盤となり冬が近づいてきたら 常緑樹が無いことの寂しさがだんだん胸に広がって来てしまった
裏庭を作って14年 プンゲンストウヒは50㎝位の苗を植えたのだし 中央の5本コニファーは1m弱でした
10年以上かかって育った木々の重みを今さら噛みしめています
切ってしまったものは もう戻らない~~~
仕方ないですね
でもプンゲンストウヒを切った後にもう薔薇を6株植えました(汗)

  1. 2018/11/14(水) 20:45:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

秋の庭から

この所 めっきり涼しくなり 気温的には庭仕事日和なのですが 雨も良く降っています
寒冷地の『しおだ野』では  寒さが来る前に根を張らせたいので 薔薇苗を植え込んだり 増えすぎた宿根草の株分けや移植などやることが多くて忙しくしています


昨日の画像ですが・・・・・

裏庭から見たしおだ野  稲刈りの済んだ田んぼも見受けられるようになりました
緑に見えるのは大豆畑です
手前の壁が薄いブルーの建物は別所線八木沢駅(上田電鉄)です
180920 しおだ野

秋の庭から・・・・・
ガレージへのアプローチ  青と白のユーパトリウム 少し紅葉しているのはコバノズイナ
180920 ガレージへのアプローチ

裏庭のコバノズイナ・ヘンリーズガーネットは もう綺麗に赤くなりました
180920 コバノズイナ・ヘンリーズガーネット

チョコベリー(アメリカカマツカ)
180920 チョコベリー(カマツカ)

サクラタデ
180920 サクラタデ

ペルシカリア
180920 ベルシカリア

フロックス 二番花?
180920 フロックス

秋薔薇がチラホラと・・・・・
デュセスドブラバン
180920 デュシェスドブラバン

ディスタントドラムス
180920 ディスタントドラムス

ペルルドール
180920 ペルルドール

シュウメイギク・ダイアナも咲き始めています
180920 シュウメイギク(ダイアナ)




9月の始めに 裏庭メインガーデンの大きくなりすぎた樹木を思い切って伐採してもらいました
カツラ、ベニハスモモ、ヤマザクラ、モミ5本
そして中央通路のコニファー・グリーンコーン5本とメインツリーのプンゲンストウヒも!
裏庭ができて13年 裏庭も一つのガーデンとして成り立たせたいと考えて大きくなる木や 視界の区切りとして1列5本のコニファーを植えたり・・・ そして表庭に代わってメインガーデンとして楽しんできました
でも70歳を過ぎた今 急な斜面にある裏庭の管理の今後のことを考えると これまでのようには続けるのが難しいと・・・
お手入れの楽な前庭をこれからはメインガーデンとして 裏庭は薔薇を楽しむスペースにしようと思います
今後もますます大きくなる樹木は 定期的な管理も大変だし 日陰も広がるし・・・
裏庭は里山に囲まれた空間なので 大きな樹は周囲の里山の木で楽しむこととして 庭には無しで済ませることに
かくして 裏庭メインガーデンは 『裏庭薔薇段々畑』 となりました

昨日の裏庭薔薇段々畑   2枚目はビフォ―(7月の画像)です
180921 裏庭-4(0709)

小屋周りも山桜やモミが無くなって 寂しいような・・・
180921 小屋の周り

  1. 2018/09/21(金) 16:03:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:12

猛暑が去って・・・

毎年お盆が終わるとストンと秋になる『しおだ野』
今年の異常な猛暑 高温と雨不足のダブルパンチでした
いつまで続くの~~と思っていましたが この1週間でまとまった雨が降り 気温も下がって来ました
ずっと最低気温が25度前後だったのに 今朝はいきなり18度 そして明朝は13度の予報
本当にいきなり下がります

このひと月くらい庭仕事 早朝の2時間くらいの水遣りだけでした
例年夕方になると裏庭メインガーデンは日陰となり涼しくなって庭仕事ができたのですが 今年は夕方になっても気温が下がらずで全く庭には出られませんでした
いつも10年以上の古い薔薇たちには水遣りはせずに済んでいたのですが 今年は気が付いたら葉の色がおかしい!
緑が抜けて薄くなっている! そのうち茶色になって・・・
大慌てで古い薔薇たちにも水遣りをし始めました
何とか枯れることは免れそうですが 多分ダメージは残りそう・・・
来年が怖いです!



最近の庭の様子です

ギボウシ(寒河江』の葉焼け
180816 ギボシの葉焼け

クレマチス(エトワールローズ) 枯れては無さそうだけれど 茶色い葉が痛々しい・・・
180815 クレマチス(エトワールローズ)の変色

ロサカニナラクサ(シャポードナポレオンの台木)  ヒップは持ちこたえていますが葉がかなり黄ばんで・・・・・
180812 ロサカニナラクサ



昨日の裏庭メインガーデン  ほぼ緑で見るものは無い!という感じ・・・・・・
180816 メインガーデン

カシワバアジサイ(八重)
180816 カシワバアジサイ(八重)

ノリウツギ(ライムライトやミナヅキなど)
180816 ノリウツギ

小屋周り  アナベルは緑に戻っています
180816 小屋周り

小屋屋根 今年突然里山で自生しているボタンヅルが這い上がってきていました
白い花が咲いて気が付いた(汗  花が終わったら剥がしましょう・・・
180816 センニンソウ


ギボウシ(玉の簪)  ここはモミの日陰なので葉も綺麗に残っている
180816 ギボウシ(タマノカンザシ)


ワイルドオーツ(小判草)  アイスバーグの隣で1.5m  肥料の横取りです
180816 ワイルドオーツ


薔薇たちは・・・・・
2番花がほんのポツリポツリ
ブノワマジメル 一番花はボーリングしてまともに咲かなかったけど・・・  でも花弁は少な目でやはり夏顔ですね
180816 ブノワマジメル

リタウマ
180816 リタウマ

マドモワゼルフランチェスカクリューガー
180816 マドモワゼルフランチェスカクリューガー

オディーピンク   薔薇友から戴いた挿し木株  清らかなピンクで惚れ惚れ~~~
180812 オディーピンク
180813 オディーピンク

セプタードアイル
180816 セプタードアイル

江戸の庚申   日本のファウンドローズのようです ロサキネンシス系ですね
180817 江戸の庚申


ヨーロッパブドウ・プルプレアとヤマブドウ 
プルプレアは春に鉢から降ろしました石壁の上から垂らしています ヤマブドウ(本来のヤマブドウでは無いですがタグに書いてありましたので)は石壁の下から登らせています 2株が混ざって育つのを期待しています
プルプレア 新葉は緑でのちに銅葉になります
180816 ブドウ(ヨーロッパブドウ・プルプレアとヤマブドウ)
180816 ヤマブドウ
ヤマブドウは植えて6年くらい 実は生るのですが鳥に食べられてしまいます

ブルーベリー  これも眺めているだけで口には入らない!
180816 ブルーベリー

リンゴ(紅玉) これも消毒しないので虫食いが多いですが とりあえず食べられます(笑
180816 リンゴ(紅玉)

ある日の庭からの花たち
180812 アレンジ
180812 スノーペイブメント
スノーペイブメントなど・・・



先日本当に久しぶりに浅科グリーンマーケットへ
michikoさん&ボスさんとおしゃべりしてきました
180816 花苗
180816 花苗-2
エキナセア、フロックス、ニコチアナ、白花トウテイラン  薔薇は紫燕飛舞ツーエンフェイウー
いろいろ刺激も戴けて楽しいひとときでした
まだまだ暑いので庭作業を敬遠ですが そろそろ腰を入れねばとエネルギーチャージできました♪



間が空いてしまったブログ更新で・・・・・
いつものことながら画像の多い記事になってしまいました
せめて月一は維持しようと・・・・・

呆れながらも見て下さって アリガトウございます

  1. 2018/08/17(金) 12:04:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:14

夏の庭

戻り梅雨かと思うような雨続きの日々
今日はやっと晴れたかと思うと 30度を超え一気にまた真夏です
もともと丁度良い気候が少ない『しおだ野』 ため息が出ます


昨日の『しおだ野』
180709 しおだ野
麦秋も過ぎ 田んぼの稲も大きく育ち 綺麗な緑一色の田んぼが広がっています

目下庭で元気なのは アナベルたち
180709 アナベル

180709 アナベル-2
ピンクアナベル 今年やっと花数が多くなりました
この花色 どの段階のもお気に入りです



クレマチスたち

パープレナプレアエレガンス
180709 Clematis viticella Purpurea Plena Elegans


エトワールローズ
180709 エトワールローズ
180709 エトワールローズ-2

プリンスチャールズ
180703 プリンスチャールズ


薔薇は2番花がほんの少し咲いていますが このエメビベールAimee Vibert (N)は一番花です
毎年春というより夏に咲き始める薔薇です
支え無しで植えているので 道路にせり出して・・・
180704 Aimee Vibert (N)
180704 Aimee Vibert (N)-2


ロサダビディ Rosa davidii (Sp)
今年のヒップは ガクが長くて気に入ってます
室内で活けても見惚れています
180709 Rosa davidii (Sp)

180709 Rosa davidii (Sp)-2
お花はこんなでした(5月31日) 雄蕊が少なめなのが残念!
ダビディ特有のぷっくら雄蕊にはならないのかな・・・
180709 Rosa davidii (Sp)-3 180525

隣に植えてあるカザンリクのヒップ
180709 Kazanlik (D)
ガクの付き方がまったく違いますね

ヒップは形もいろいろですし 花が終わった直後から 秋の色付きまで楽しめるのが嬉しいです


三日ほど前にぽつりとロサバージニアナ Rosa viirginiana (Sp)の最後の花が咲いていました 
雌蕊が赤いのですね
180709 Rosa virginiana

同じ日にオオタカネバラ Rosa acicularis (Sp) も咲きました
昨秋植えた株で 今年はお花を諦めていたのですが 今頃になってたった一輪咲いてくれました
ほんのり甘い香りです  これも雌蕊が赤い!
180709 オオタカネ Rosa acicularis


ルイリール Louis Riel (S) 大事な初代のルイリール   5~6年前に草ぶえに頼んで苗を作ってもらった株
葉っぱが皆黄色くなって・・・  この後ほとんど落ちてしまいました
ただ一枚だけ綺麗なグレーの葉が残っています
春には普通に咲いてたのに・・・     何とか復活してくれることを願って・・・
180704 Louis Riel (S) 黄変


グーズベリー 随分赤くなってきましたが渋さはまだまだ抜けません
180704 グーズベリー


紅玉も少しずつ大きくなっています
消毒をしないので 食べられるまで育ってくれたら御の字です
信州に住みだした頃から リンゴと白樺に憧れていました
りんごの実がなっている姿を庭で見られるだけでも楽しみ~~^
180709 紅玉


鹿害(シカからの被害)
昨年の早春 ギボシの新芽が食べられたのが 最初でした
昨年はそれだけだったのが 今年は春先だけでなく 今頃も鹿が庭に来ているようなのです
裏庭だけですが・・・
一枚目はマダムアントワヌマリ 枝先が全部食べられてる
二枚目 ギボシ   三枚目 ミナヅキ
180709 シカ被害
まだ庭での鹿の姿は見てないのですが 夜か早朝にでも出入りしているのでしょうね
大体1m高さのところを食べられています
今のところは『あ~~~ やられてる!』で済んでいますが もっと深刻な被害になるようでしたら対策を考えないと・・・

庭の楽しみも悩みも尽きません・・・

  1. 2018/07/09(月) 15:55:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:12

バラシーズン終盤

今年は4月の終わりに最初の薔薇が咲き始めて・・・
一気に終わってしまいそうだった薔薇シーズンですが 遅咲きの薔薇たちがまだ咲き続けています
こんなに薔薇シーズンが長いのは初めてのこと!

今日は午後から少しですが雨が降っています
重い腰をやっと上げて 久しぶりにブログ更新です


写真は昨日の画像から
メインガーデンレンガテラス
180611 レンガテラス
何となく花が沢山咲いているように見えているのは こぼれ種からのオルラヤ・グランディフローラが広がっているからのようです

手入れの行き届かない場所では・・・  
オルラヤ、ヤグルマギク、ノラニンジン
180611 オルラヤ、ヤグルマギク、ノラニンジン

オルラヤとユーフォルビア・ポリクロマ
180611 オルラヤ、ユーホルビア・ポリクロマ

オルラヤ、キャンピョンシレネ、宿根スイートピーなど
180611 オルラヤ、キャンピョンシレネ、宿根スイートピーなど
オルラヤは密に茂ると鬱陶しいので かなり間引いています
上田よりも寒い地域ではこぼれ種では増えないとか・・・
羨ましがられることも

宿根スイートピー これもこぼれ種から増えているので色はいろいろ
180611 宿根スイートピー



小屋前のコーナー
180611 小屋前

オベリスクで咲いているのはジャスミーナ
180611 ジャスミーナ-2
オベリスク左足元の株が伸びて来ています  
ワイヤーで止めていたのがずれてしまっているのですが 今は中に脚立を建てられないので放任
180611 ジャスミーナ
一寸かわいすぎる薔薇ですが・・・


左のアーチ12 で咲いているのは
180611 アーチ 12

ボウベルズ(ER)
180611 ボウベルズ

アウェイクニング(ニュードーンの枝変わり)
180611 アウェイクニング
180611 アウェイクニング-2
180611 アウェイクニング-3
色も咲き方も気に入っています

アーチ左からはフェリシテペルペチュ
180611 フェリシテペルペチュ
180611 フェリシテペルペチュ-2


メインガーデン東(右)側
180611 イタリアンポット

この奥のアーチ9 のデビュタント   昨年植えて 初めての花です
180611 デビュタント
180611 デビュタント-2
軽やかでとてもかわいい花姿  後姿も可憐♪


ハウス裏の石壁からアーチ7 へ向かって奔放に枝を伸ばしているのはエセル
180611 エセル Ethel-2
180611 エセル Ethel
180611 エセル Ethel-3
花枝が長いので一寸持て余し気味  


イザヨイバラ    こんな可愛い蕾が・・・
180611 イザヨイバラ


表庭道路沿いの石壁では グラウス
180611 グラウス Grouse


先日の梅雨入りに合わせて ヤマアジサイ(黒姫)も色鮮やかに・・・
180611 山アジサイ(クロヒメ)


目下の庭作業は 
薔薇や草花に絡みついてしまう『つる性の雑草』(自然薯、ツタ、アオツヅラフジ、ヤブアズキなどなど)を抜くこと
周囲の竹やぶから侵入してくる筍の駆除  敷地境界にプラ板を埋め込んであるのですが 竹は手強いです

薔薇の花ガラ切りはしないのですが ヒップを期待しない株は咲き終わった枝ごと剪定しています
一季咲きの薔薇は 今の時期にかなり切り戻します
特につる薔薇は来年咲いて欲しい枝ぶりを想像しながら剪定します
夏前に切り戻せると 冬剪定がとても楽になるし 来春自然な樹形で花を楽しめるので・・・



もう10日も前のことですが・・・
6月1日 小中の同期会一行が 横浜からバスで庭を見に来てくれました
ビラデストファームでランチの後 我が家へ  
古希を過ぎた おじ(ぃ)様・おば(ぁ)様  総勢25名
半数くらいは50年振りにお会いした気が・・・
お天気にも恵まれ信州の庭を楽しんでいただけたようでホッとしました
180601 小中同期会



  1. 2018/06/11(月) 20:13:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:16
次のページ

FC2Ad

まとめ